Enjoy Ski & Snowboard!

SSC/沿革

信州山ノ内スキー倶楽部

  • 1920(大正9年)
    総裁:堀内文次郎、会長:小林辰夫、事務所長:鈴木静寿、倶楽部員30数名にて結成
  • 1926(昭和元年)
    会長:小林茂
  • 1928(昭和3年)
    会長:児玉峯三郎
  • 1930(昭和5年)
    会長:宮崎通知

平穏温泉スキー倶楽部

  • 1925(大正14年)
    会長:宮崎通知
  • 1930(昭和5年)
    10月全日本スキー連盟に加盟
  • 1932(昭和7年)
    10月長野県スキー連盟創立
    平穏温泉スキー倶楽部も加盟

夜間瀬スキー倶楽部

  • 1931(昭和6年)
    代表者:宮津静雄 選手役員含め15名ほどで結成
  • 1932(昭和7年)
    夜間瀬スキー倶楽部主催で上信越スキー大会開催
    部員数60名を超える
  • 1936(昭和11年)
    代表者:湯本禮太郎

志賀高原スキー倶楽部

  • 1935(昭和10年)
    平穏温泉スキー倶楽部が志賀高原スキー倶楽部に改称
    会長:山口賢吉
  • 1942(昭和17年)
    会長:佐藤正勝
  • 1945(昭和20年)
    全日本スキー連盟戦後新発足
    12月志賀高原スキー研究会発足

志賀高原スキークラブ